Tags

六味 一滴 金沢

南窓之下随意坐 喫君瓜兮舉我觴 お店に入ると、そう書かれた書が飾られています。 江戸の歌人良寛さんが書かれた詩の一節で、 (良寛さんが、はるばる庵を訪ねてきた客に) 何もおもてなしはできませんが、どうぞ南向きの窓の下をご […]

Balloons theme by
Moargh.de